文字サイズの調整 文字を大きく文字を標準の大きさ文字を小さく

イベント情報

平成26年度《講演会》実施報告

 

金融経済講演会

◆これからの日本経済 増税・社会保障負担増でくらしはどうなる?

講師: 伊藤元重氏(東京大学大学院教授)

  • 実施日:平成26年12月20日(土)
  • 会 場:大宮ソニックシティ 小ホール
  • 主 催:埼玉県・埼玉県金融広報委員会
  • 後 援:金融広報中央委員会

 今年度2回目の金融経済講演会は、テレビの経済番組コメンテーターとしてもおなじみの東京大学大学院教授伊藤元重氏をお招きし、「これからの日本経済 増税・社会保障負担増でくらしはどうなる?」と題して開催しました。
 折りしも、衆議院議員総選挙が実施された週の土曜日の開催となり、増税に向かって進む日本経済が、日々の暮らしにどう影響するか参加者に関心の高いテーマであったので、会場となった大宮ソニックシティの小ホールに多数ご参加いただき、
熱心に講師のお話に耳を傾けていました。伊藤先生には、優しい言葉でわかりやすく、現在の国の財政状況等について解説していただきました。社会保障、年金、医療、介護の見直しが赤字財政の脱却につながる。負担できる人への税負担、ムダ遣いの排除などが考えられる。また、経済を見る目として、「鳥の目」「虫の目」「魚の目」が大事である。広い視野、小さなことも見逃さない、そして変化に常に関心をもつ事が、経済に強くなり柔軟に対応することができるようになる鍵であると話されました。

 

《イベント情報画面へ》

 

◆うまい話にご用心!落語で学ぶ悪質商法の手口と対策

落語: 笑福亭松枝氏 寸劇:杉戸町くらしの会

  • 実施日:平成26年10月2日(木)
  • 会 場:東部地域振興ふれあい拠点施設
  • 主 催:埼玉県・埼玉県金融広報委員会
  • 後 援:金融広報中央委員会

 今年度の悪質商法被害防止講演会は、春日部駅のそばにある東部地域振興ふれあい拠点施設において、「うまい話にご用心!落語で学ぶ悪質商法の手口と対策」と題して、落語による講演会と寸劇を上演しました。
 前半は、杉戸町くらしの会の皆さんが、寸劇「あなたのお家は大丈夫?<床下工事編>」を熱演されました。水戸黄門様が床下点検工事を装って騙そうとする悪質業者を退治するストーリーで、お供のおなじみの台詞「この紋所が・・・」の言葉で黄門様が登場、会場内は大きな拍手となりました。後半の落語では、笑福亭松枝氏による「時うどん」の演目を御披露していただきました。「時うどん」は、兄貴分とその弟分の御代をごまかす手口の話で、松枝氏の兄貴と弟分のやり取りに会場内は笑い声が絶えず、また、さまざまな悪質商法の手口を落語の語り口で臨場感たっぷりにお話いただきました。最後に、「賢い消費者になること、良いものを選び見極めることが大切であり、健全な消費者、健全な社会にしていくこと。賢い消費者になり被害者にならないことが加害者をなくすことになる。」との言葉が心に残りました。

                  

          寸劇「あなたのおうちは大丈夫?(床下工事編)」<杉戸町くらしの会>

《イベント情報画面へ》

 

◆行列のできる弁護士から学ぶ「悪質商法から身を守る知識」

講師: 大渕愛子氏(弁護士)

  • 実施日:平成26年5月27日(火)
  • 会 場:大宮ソニックシティホール4階 国際会議室
  • 主 催:埼玉県・埼玉県金融広報委員会
  • 後 援:金融広報中央委員会

 今年度第1回の金融経済講演会は、テレビなどでおなじみの大渕愛子弁護士をお招きし、「行列のできる弁護士から学ぶ『悪質商法から身を守る知識』」をテーマに開催しました。
 テレビで拝見しているのと変わらない気さくで明るい大渕弁護士に、現在被害が出ている「悪質商法」の特徴を詳しく解説していただきました。また被害に遭ってしまったときの救済制度についてのポイントを、具体的な事例を挙げてお話いただき、「契約」は即断せず、契約内容を確認し、心の準備をすること。第三者に相談することが大切であり、多くの知識を持って日頃からコミュニケーションをとることが大事であることを学びました。最後に質問の時間をとっていただき、参加者からは実際に被害にあったお話、これは悪質ではないかと思われる契約や弁護士の選び方などのご質問が出され、丁寧にお答えをいただきました。参加された皆様も日頃の疑問を聞くことでき納得された様子で講演会は終了となりました。

 

《イベント情報画面へ》

金融・金銭教育講座

◆「基本を学ぼう!みんなのマネー講座~賢いお金との付き合い方~」

講師:〔親子向け講座〕 ㈱イー・カンパニー代表 八木陽子氏
    〔大人向け講座〕  金融広報アドバイザー 
                                                 髙梨文夫氏

  • 実施日:平成27年2月8日(日)
  • 会 場:彩の国くらしプラザ 
                     研修室 ・くらっしーシアター
  • 主 催:埼玉県・埼玉県金融広報委員会
  • 後 援:金融広報中央委員会

 彩の国くらしプラザ「SKIPシティ12周年記念イベント」において、「基本を学ぼう!みんなのマネー講座~賢いお金との付き合い方~」をテーマに、2月8日の日曜日に親子向け講座、大人向けの講座を開催しました。
 親子向け講座は、「お金って何?クマさんと“お金の大切さ”を学ぼう!」と題して、クマさんのミニ芝居や電子マネーやお金を使う擬似体験で「見えるお金」「見えないお金」の使い方、付き合い方を親子で楽しく学びました。おさらいの ○×クイズでは、ほとんどが正解し、上手なお金との付き合い方を身につけていました。また最後に、「お金」は「感謝のしるし」、子供たちは折り紙でハートを折って保護者に「ありがとう」の言葉とともにプレゼントして、会場内は和やかな空気でいっぱいになりました。
 大人向け講座は、「大人のためのお金と生活の知恵~今からでも遅くない“豊かなライフプランニングのコツ”~」と題して、中高年に向けたライフプランの立て方について、基本となる金融知識を冊子「大人のためのお金と生活の知恵」(中央委発行)をもとに解説していただき、実際にライフプランニングする上で、イメージしやすくするために自分なりの「ライフイベント」を書いてみるなどのコツを教えていただきました。医療保険、介護保険などで見落としがちなことを事例を挙げてのお話に、受講者は熱心に聴き入っていました。
 講座当日は、曇り空で午後には雨も降りだし、生憎の空模様でしたが、多くの方々にご参加いただき有意義な講座となりました。

        親子向け講座風景                  大人向け講座風景

 

 

 

 

 

 

《イベント情報画面へ》

◆夏休み金銭教育講座「親子で学ぼう!マネー教室」

講師:NPO法人マネー・スプラウト 羽田野博子氏

  • 実施日:平成26年8月22日(金)
  • 会 場:彩の国くらしプラザ 研修室
  • 主 催:埼玉県・埼玉県金融広報委員会
  • 後 援:金融広報中央委員会

 夏休みの機会に、小学生の親子を対象にした金銭教育講座「親子で学ぼう!マネー教室」を、彩の国くらしプラザの研修室において開催しました。
 当日は、午前の部は3年生以下、午後の部は4年生以上の児童と保護者を対象に、「お金の大切さ」「お金の使い方」「お金や物の価値」「お小遣いのつけ方・与え方」について、楽しくクイズや「おこづかいゲーム」を通して学びました。日頃何気なく使っている「お金」にまつわる○×クイズでは、最後まで正解する親子がいたり、
お小遣いを「ニーズ&ウォンツ」を考えながら計画的に使うゲームでは、ほしい物は買わずに貯めたお金を落としてしまって、お小遣いがなくなってしまうハプニングが起こるなど、会場は大変盛り上がりました。 

                          ○×クイズ風景          おこづかいゲーム風景

 

 

 

 

 

  

《イベント情報画面へ》

イベント情報

◆「見て・ふれて 楽しく学ぼう!お金のあれこれ」

<地方自治法施行60周年記念貨幣(埼玉県)関連イベント>

  • 実施日:平成26年10月24日(金)~26日(日)
  • 会 場:彩の国くらしプラザ
  • 主 催:埼玉県金融広報委員会・埼玉県生活科学センター
  • 協 力:独立行政法人造幣局
  • 後 援:金融広報中央委員会

 地方自治法施行60周年記念貨幣埼玉版が今年度発行されるのに伴い、お金の上手な使い方について楽しく学べる「彩の国くらしプラザ」で、金銭教育に関するイベント「見て・ふれて 楽しく学ぼう!お金のあれこれ」を開催しました。
                           
  すでに発行されている35道府県の地方自治法施行60周年記念貨幣(造幣局提供)の展示をはじめ、埼玉県記念貨幣の図柄のモデルになっている我が県を代表する偉人渋沢栄一氏の紹介パネル展示やDVD
映像を上映しました。また、お金の仕組みや上手な使い方、お金に関するデータなどを紹介したパネルや普段目にすることのない金塊や小判などのレプリカを展示しました。パネルを問題にしたクイズラリーでは、参加した方に『知るぽると埼玉』記念メダルを贈呈しました。千円記念貨幣の鮮やかな図案に来場者の皆さんは驚かれた様子でご覧になっていました。
 また、造幣局に御協力をいただき、土日には貨幣のデザインを描く体験教室も開講しました。
実際に貨幣デザインをされている造幣局のデザイナーから、貨幣の製造工程や貨幣デザインの描き方を学び、参加されたお子様方は、自分で考えた図案を思い思いにデザインし、最後に発表して大変盛り上がりました。お天気にも恵まれ、3日間をとおして多くの方に御来場いただき大変有意義なイベントとなりました。
  
                                                

  

 

《イベント情報画面へ》