文字サイズの調整 文字を大きく文字を標準の大きさ文字を小さく

イベント情報

平成23年度金銭・金融教育協議会を開催(8月9日)

 県では学校における消費者教育、金銭・金融教育の現状及び埼玉県消費生活支援センター、埼玉県金融広報委員会の取組状況を確認し、関係機関の今後の協力体制の確立を図るため、消費者教育研究協議会と金銭・金融教育協議会を合同で開催しています。

 本年度は、8月9日(火)、さいたま市内で県教育局、総合教育センター、関係教科担当者、金融教育研究校の方々にお集まりいただき、開催しました。

 消費生活支援センターからは、教職員セミナーや出前講座等の支援の取組について説明しました。

 県教育局(義務教育指導課、高校教育指導課)からは小・中学校、高校の消費者教育の現状と今後の方向について説明がありました。その後、各教科代表の先生から取組の現状についてコメントをいただきました。

 また、平成22年度から金融教育研究校として委嘱している幸手商業高校から取組の報告がありました。

 後半は、(財)消費者教育支援センター主任研究員の柿野成美氏を講師に「学校における消費者教育の展開~学校教育での本格的な推進に向けて~」と題して、御講演いただきました。

 柿野氏は、「消費者教育推進会議」「新学習指導要領の実施」等の国の動向や消費者被害防止を目的にしていたこれまでの取組と、市民社会の一員として自覚を持った行動が求められるこれからの取組を比較して説明されました。

 また、最近調査で出かけた、スペインの消費者教育の取組を映像を交えて興味深く御説明いただきました。

          
  • 実施日:平成23年8月9日(火)
  • 会 場:大宮ソニックシティ809会議室
  • 主 催:埼玉県消費生活支援センター・埼玉県金融広報委員会
  • 消費者教育支援センター主任研究員 柿野氏の講演